2014年04月05日

『 桜咲いたら命に帰り 燃え尽きたしや空の花 』

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 都々逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★












★ 都々逸で交心tx2004

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

桜咲いたら命に帰り

燃え尽きたしや空の花


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――





 > 桜咲いたら頬紅さして

        狂い夜桜 下で待つ~~   愛呼



        狂い夜桜いつ狂うやら

   狂わぬぬしを待ちぼうけ   旅仁





 あなたが愛した彼はどちらかというと詩人だ。
 それを覚えておきなさい
 詩人と議論する人はいない
 あなたはその詩に耳を傾ける
 その詩を吸収する
 あなたはそれを噛みしめる
 愛することは詩人と向き合うことだ。
 愛はともに詩を詠うことだ。
 それを自分の実存の内側に入り込ませる
 それを自分の血肉にならしめる
 あなたはそれを消化する
 あなたは言葉を忘れる
 あなたはその詩を完全に忘れ去る
 愛はあなたのハーモニーなのだ。
 だが、その香りが
 あなたの一部となる
 あなたはその詩が何をうたっていたかさえ覚えていないかもしれない
 だが、その詩はとどめられている
 その味
 その香り
 その意味があなたにはいり込んでいる
 あなたは愛を懐妊している。   。。。パグワンp153L04の読み替え、読み加え。( 「。」で閉じた句の部分 )



 あなたが愛した彼はどちらかというと詩人だ。
 愛することは詩人と向き合うことだ。
 愛はともに詩を詠うことだ。
 愛はあなたのハーモニーなのだ。

 そのとき、あなたは愛を懐妊している。   五行詩tx2002

※ 「パグワンp153L04」の読み替え、読み加え部分で構成しました。





   頬紅つけて桜に浮かれ

        一夜の恋に散らんかな   旅仁



        桜咲いたら命に帰り

   燃え尽きたしや空の花   旅仁





 言葉に依存したがる恋は 言葉の裏の観えぬ恋   旅仁



 花曇り咲けば散りゆく空の花   旅仁


 空の花故心も狂う



 花見ればなぜとはなしにくるおしや捨てえぬ情のまこと招くか   旅仁



 散るさくら散らぬわが身のうとましや   旅仁


 散れば変化の色に出でるを





★ 妄恋575交心tw0309

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

散るさくら散らぬわが身のうとましや

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――








★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 一行詩交心tx1702『 儚いから日日好日、夢色生きよう! 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 徒然575交心tx3001『 娘の心映し艶めく紫木蓮 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 尻都209-03『 さまざまの事ひとつ一つに ハートの空の交じり合う 』尻取り都々逸言葉遊び交心tx2306 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 19:53Comments(0)都都逸で交心

2014年03月25日

209-03『 さまざまの事ひとつ一つに ハートの空の交じり合う 』尻取り都々逸


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 尻取り都々逸言葉遊び交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







フォト都々逸209-03『 さまざまの事ひとつ一つに ハートの空の交じり合う 』tx2306








★ 尻都209-03尻取り都々逸言葉遊び交心tx2306

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

さまざまの事ひとつ一つに

ハートの空の交じり合う

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






☆☆☆ 『 旅仁の  尻取り都々逸もどき言葉遊び 208 』 への尻取り都々逸言葉遊び交心です。 ★★★
 





 > さまざまの事 いたわりあいて

        老年の恋に 花ふぶき   凉呼208



        老年の恋に灯しの観えて

   命波長の共振す   旅仁209-01





 ≫ あなたが自分の<独りであることを感じはじめるとき
 他人というのはあなたの心マインドから完全に落ちている
 それはもうあなたの夢に影を落とさない
 それはもうあなたの純粋性に触れてこない
 そうしたら、あなたは自分自身にハッピーだ
 あなたは自分自身に恍惚としている
 あなたは自分自身を楽しんでいる
 いまや、生まれてはじめてあなたは自分の実存と
 そして自分の非実存と同調している
 あなたは<全体>だ
 いまならあなたは愛することができる
 いまなら愛は流れることができる   。。。パグワンp308える05





 愛はもはや形を求めない
 ぼくが自分の空を生きている時
 あなたの空を感じるなら
 ぼくの愛はあなたの空へ流れている
 あなたの愛はぼくの空と同調している   五行詩tx2304



   いたわりあいておのれの空を

        知ればあなたの空に逢う   旅仁209-02



        さまざまの事ひとつ一つに

   ハートの空の交じり合う   旅仁209-03





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ つけ句あそび575交心ty2005『 この道や居ながら翁の夢を追う 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 五行詩交心tx0401『 弥生來住 』 へどうぞ!!! ★★★

 



★★★ 尻取り都々逸言葉遊び交心191-03『 ひとりでいてもひとりじゃないよ こころの空は星の空 』tx1707 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 10:06Comments(0)都都逸で交心

2014年03月13日

『 ここであえれば楽天楽土 命寛ぐ恋弥勒 』尻取り都々逸言葉遊び交心


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 尻取り都々逸言葉遊び交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 尻取り都々逸言葉遊び交心17303tx1103

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

ここであえれば楽天楽土 命寛ぐ恋弥勒

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






☆☆☆ 『 旅仁の  尻取り都々逸もどき言葉遊び 172 』 への尻取り都々逸言葉遊び交心です。 ★★★
 





 > ここであえれば 触れたもおなじ

        なまじほんとに あうよりか   泉呼172



        なまじほんとにあんたに触れりゃ

   見えるは肉の荒れ模様   旅仁 173-01





 この年の頃よりは、はや、やうやう声も調子にかかり、能も心付く頃なれば、次第次第に物数をも教ふべし。
 まづ、童形なれば、なにとしたるも幽玄なり。声も立つ頃なり。二つの便りあれば、悪き事は隠れ、よき事はいよいよ花めけり。   。。。世阿弥p42



 再び世阿弥さんに登場してもらいましょう。
 人生で一番美しい時期は少年期だといっていんです。
 能の世界のお話しですけれど、おもしろいですね。春の芽吹き時から初花になる頃です。何もしないでも、飾らなくても、命はあるがまんまで美しいというんです。匂うような命の輝きを「幽玄」というんです。
 鬼も十八番茶も出花、ですね。
 鬼女だって年の十七八は薫り高く美しいものなんだよ。まして少年の美しさは香り高く夢幻を誘うものなんだ。傍にいるだけでその息吹が伝わってきてこちらまで身も心も小躍りしてしまう・・・。
 世阿弥自身も十二歳の時父と猿楽に出演して、将軍義満に愛でられるようになるのです。
 稚児愛は幽玄の麻薬なのかもしれません。自分の中に失われた幽玄の美にたいする郷愁なのでしょうか・・・



 > さりながら、この花はまことの花にはあらず、ただ時分の花なり。   世阿弥



 まことの花は、自分で観つけだし、自分で創りだしていかなければならないのです。
 そして、一休さんの「本来の面目坊」を生きることが<まことの花>を生きることなんですね・・・。
 気がついた時が<初心>です。



 > ここであえれば 触れたもおなじ なまじほんとに あうよりか   泉呼172



 これは炭酸泉さんのまことの花を生きますよ、という<初心>表明の都々逸になりましたね。
 <まことの花を生きる>ということは、別の言い方をすれば、面目坊と恋をすることなんです。これはスローライフのみのライフワークではなく、若い人にとってもライフワークになるでしょう。



 > 我のみか釈迦も達磨も阿羅漢もこの君故に身をやつしけり   一休



 お釈迦さんも達磨さんも阿羅漢さんもみんなみんな本来の面目坊に恋をした人たちだったんだよと一休さんは笑って、空の花を咲かせました。空の花は笑っているんです。
 命は笑う喜びです。

 笑って、空の花を咲かせましょうね。





   触れたも同じ面目坊の

        命シンクロ愛光合   旅仁 173-02



        ここであえれば楽天楽土

   命寛ぐ恋弥勒   旅仁 173-03







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句ブログランキング

★ ありがとうございます。








★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ つけ句あそび575交心tx1306『 春風や老いて郷土の愛おしき 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 尻取り都々逸言葉遊び交心178-03『ふみをかわせば心が変わる 私が消えて空の花  』tx1203 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 14:55Comments(0)都都逸で交心

2014年03月13日

『ふみをかわせば心が変わる 私が消えて空の花  』尻取り都々逸言葉遊び交心







 > ふみをかわせば 椿が落ちる

        おろかに恋を 想うよう   凉呼 178



        おろかに恋を夢みてしまう

   無心は命のゆらぎ欲る   旅仁 178-01





 時が満ちれば自然と椿の花は落ちるんですね。
 「ふみをかわせば」おのずから機は熟して花開き、そして落ちる。けれど心に開いた花はどこに「落ちる」のでしょうね・・・心は空間スペースです。ひとつの宇宙です。宇宙は無重力だから落ちる行く先がないのです。心と心が交わることその交わりそのものを花というのでしょう。その花に名前をつけるとすれば「恋」と呼ぶようになるのでしょう。交わっている心が恋なんです。「恋に落ちる」といいますけれど、恋という花は心の交わりですから花そのものが空間、宇宙なんです。恋に落ちるというのは心が新しいスペース、新しい宇宙になるということなんですね。「恋を想う」という想う「私」が恋という宇宙を遊泳することをいうのでしょう。
 恋という宇宙はそれ自体が大きな重力なのかもしれません。
 沢山の宇宙を吸い寄せてしまうほどのいわばブラックホールのようなものかもしれません。あるいは命そのものがひとつの宇宙で、命は呼び合う力があり、ひとつになりたがっているのでしょう。命と命はひとつになってまた新しい命になっているのでしょう。
 恋に落ちるということは恋が始まることですから、新しい命を生きることなんでしょうね。・・・
 命の更新を恋の花と呼んでいるのじゃないでしょうか。

 鄙隠り老仁の妄語妄想言葉遊びです。
 笑って、新しい花を咲かせましょうね。





   椿が落ちる命が宿る

        呼び合う命恋の花   旅仁 178-02



        ふみをかわせば心が変わる

   私が消えて空の花   旅仁 178-03





  


Posted by 青柳仁 at 08:59Comments(0)都都逸で交心

2014年02月13日

『 今さらに艶な話か琵琶の花 』妄恋575交心

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 都々逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 都々逸で交心tz1619

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


やけに満月冴えるじゃないの

いのちシンクロ唯念ず


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






☆☆☆ 愛呼さんの『 女の文字遊びー22 』 への尻取り都々逸交心です。 ★★★
 





 > やけに満月あんたにゃ何が
        見えたと云うの云ってみな~   愛呼



        見えたと云うの炎の女
   炎尽きれば空の月   仁



 炎の女が良寛さんに恋をした。
 ゆっくり燃焼してゆっくり燃え尽きる恋もあるんですね・・・
 枯木の良寛さんのいのちもゆっくり燃焼していたんです。



 > しろたへのころもでさむしあきのよの つきなかぞらにすみわたるかも   良寛



 貞心尼さんは初めて良寛さんにあった夜に思いの丈を語り尽くしたかったんでしょうね。夜も更けるのに一向に帰る様子もありません。さすがに全受容の良寛さんもたじろいでしまいます。
 お話しのつづきは明日にしましょうか・・・と良寛さんは遠慮がちに詠いかけますけれど、貞心尼さんの心はもう炎になっていたのでしょうね。


 > むかひゐて千よもやちよも見てしがな そらゆくつきのこととはずとも   貞心尼


 そうお返ししてとうとう夜を徹して語り明かしてしまうんですよ。
 ほんとうに炎の女というのはこんな女人のことをいうのだろうなと驚嘆しました。
 良寛さんのこともよく知らなかったのですけれど、その良寛さんにこんな恋人がいたというお話しをはじめて知ったのが『炎の女 貞心尼』だったんです。
 そして凡愚老仁もまた良寛さんに恋をしてしまったのでした・・・



 > あずさゆみはるになりなばくさのいほをとくでゝきませあひたきものを   良寛



 死を前にして良寛さんはもうまったく無心に貞心尼さんを恋しつづけるんですね。恋しつづけながら至福の坐死を迎えることができたんでしょうね・・・

 そんなことを想い出させてくれる今夜の満月でした。
 笑って、ご寛容くださいね。



   あんたにゃ何が欲しいと聞くも
        月は黙して語らざる   仁



        やけに満月冴えるじゃないの
   いのちシンクロ唯念ず   仁





 今さらに艶な話か琵琶の花   旅仁


 くるまる毛布あれば足るよな



 琵琶の花エンドレスなる愛秘むや   旅仁


 時機来れば実のたわわ成熟



 相待てば機の熟することも 

        あるを念じて創る愛   旅仁






フォト575ty1301『 今さらに艶な話か琵琶の花 』








★ 妄恋575交心ty1301

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

今さらに艶な話か琵琶の花

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――









★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




☆☆☆ 旅仁の『 < 郷土を歩く>交心広場 』 へどうぞ!!! ☆☆☆
 



★★★ 優游575交心ty1211『 野に出でてすみれ摘まんか空の手に 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 尻取り都々逸言葉遊び交心078-03『 真のありか外にはないよ 内なる真に恋せんか 』ty1113 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 13:39Comments(0)TAO交心俳句

2014年02月06日

エンドレス・ラブ交心『 いついつまでも




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ エンドレス・ラブ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ エンドレス・ラブ交心tz1408

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

光に溶ける深雪のように

悲恋も溶けて湧く水さ


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






☆☆☆ 愛呼さんの『 雪のよに・・ 』 への都々逸交心です。 ★★★
♭♭♭ 




      深き悲しみ熱き情ココロよ
 深雪の如き慈しみ   仁



 いついつまでもまことの情
      色に染まらぬ雪景色   仁



      光に溶ける深雪のように
 悲恋も溶けて湧く水さ   仁



 おやすみなさい、いい夢を。





 雪景色清浄妙適エンドレス   仁


 命の回帰命の再生



 野の菫吾の形見か再生か   仁


 古人の夢の足跡辿る







フォトエンドレス・ラブ交心『 雪景色清浄妙適エンドレス 』





★ エンドレス・ラブ575交心tz3001

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

雪景色清浄妙適エンドレス

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 妄恋575交心tz1202『 淡雪や命流転の愛おしさ 』 へどうぞ!!! ★★★
 
 


 

★★★ 尻取り都々逸言葉遊び交心tz0308『 いまにむかしを手繰り寄せれば 今のこころで甦る 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


Posted by 青柳仁 at 00:11Comments(0)都都逸で交心

2013年12月17日

『 冬の草泣きたくなれば泣くまでさ 』スローライフ575交心

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ スローライフ575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ スローライフ575交心vk1709

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

冬の草泣きたくなれば泣くまでさ

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






★★★ フォト575『 確とある大地に根づけ冬の草 』 への徒然交心です。 ★★★






 そうなんですね。
 路傍の草さんと心を交わすとその逞しさやしなやかさを教えられます。
 弱くてもいいのよ。その弱さを素直に受け容れれば弱さがそのまま生きる力なのよと語りかけてくれるんですよ。あなたに踏まれても踏まれてもほらまたちゃんと花を咲かせることができているでしょ。命の力はあなたも私も同じなの。泣こうが笑おうがちゃんと花を咲かせてくれるのよ。




 冬の草泣きたくなれば泣くまでさ   仁


 命に根ざす草にハグされ



 オンリーワン。
 たった一つの命。
 愛おしいですね。

 お互いに愛おしみ合いたいですね。



 ありがとうございます。







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。








★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 妄恋575交心vk0408『 小春日や秘すれば花の夢を観ん 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ スローライフ575交心vm2204『 紅葉も夢の無所住ネット旅 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 都都逸で交心vm2604『 こころで生きりゃ極まり知らず 心の主は恋の主 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 22:43Comments(0)スローライフ

2013年10月24日

『 香り来る遠きに在るも金木犀 』妄恋575交心


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 都都逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★












★ 妄恋575交心vp2304

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

香り来る遠きに在るも金木犀

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――







☆☆☆ 唯呼さんの『 散る覚悟 』 への尻取り都々逸交心です。 ★★★
 





 >・ たとえ一枝 花なら命
         誉めて下さい散り際を~   唯


         賞めてくださいわたしの捨身
    あんた命よ惚れ菩薩   仁


    花なら命あんたが花よ
         一日一生燃え尽くす   仁


         たとえ一枝小振りじゃあるが
    色香芳醇熱き肌   仁



 香り来る遠きに在るも金木犀   仁


 恋も縁もなるに任せよ



 鰯雲なるにまかせりゃ世に背く


従う背く拘るまいぞ



 今宵もいい夢を楽しんでください。












★ 都都逸で交心vp2303

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

たとえ一枝小振りじゃあるが

色香芳醇熱き肌


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 都都逸で交心vp0505『 こんな男に惚れた女の 心の内ぞいとかなし 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 妄恋575交心vp1007『 ときめきのうぶにもどれよ宵の秋 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 22:22Comments(0)写真俳句

2013年10月24日

『 香り来る遠きに在るも金木犀 』妄恋575交心



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 都都逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★












★ 妄恋575交心vp2304

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

香り来る遠きに在るも金木犀

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――




★ 都都逸で交心vp2303

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

たとえ一枝小振りじゃあるが

色香芳醇熱き肌

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――





☆☆☆ 唯さんの『 散る覚悟 』 への尻取り都々逸交心です。 ★★★
♭♭♭ http://smcb.jp/_ps01?post_id=5459954&oid=494048&tr=mp_36





 >・ たとえ一枝 花なら命
         誉めて下さい散り際を~   唯


         賞めてくださいわたしの捨身
    あんた命よ惚れ菩薩   仁


    花なら命あんたが花よ
         一日一生燃え尽くす   仁


         たとえ一枝小振りじゃあるが
    色香芳醇熱き肌   仁



 香り来る遠きに在るも金木犀   仁


 恋も縁もなるに任せよ



 鰯雲なるにまかせりゃ世に背く


従う背く拘るまいぞ



 今宵もいい夢を楽しんでください。








★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 都都逸で交心vp0505『 こんな男に惚れた女の 心の内ぞいとかなし 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 妄恋575交心vp1007『 ときめきのうぶにもどれよ宵の秋 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 22:16Comments(0)写真俳句

2013年10月17日

『 鰯雲平穏好日鄙隠り 』TAO交心vp1705


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ TAO交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★











★ TAO交心vp1705

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

鰯雲平穏好日鄙隠り

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★★★ 都都逸で交心vp1603『 傍に居りゃこそ言葉も要らぬ ぬしが形見じゃ熱もなし 』 への交心です。 ★★★






 雲人さん、いつも交心とサポートありがとうございます。
こちらは台風一過というわけではありませんがいい秋晴れの空です。風も冷たくなってきました。北陸も台風の影響在りましたか・・・かなりの被害を残した大風でした。地震大風列島の現実を思い知らされます。
 アンパンマンのやなせさんが亡くなったそうです。アンパンマンも知らないのですけれど、お腹の空いた人に自分の頭を食べさせると聞きました。確かな愛の極みなのでしょうね。大人は残酷というそうですが子どもたちには大人気になったそうです。
 子どもたちの心に伝わり響き合っているものは何なのでしょうね・・・確かな愛というのは大人にはもう観えなくなっているもののような気がしていますけれど、やなせさんは戦争体験を通して確かな愛を追いつづけたのでしょうか。


 大人に残っている愛は欲と打算の産物なのかと思ってしまいたくなる現実が多くなりました。立身出世という表街道も今じゃ欲と打算の産物です。なまじヒューマニズムが顔を出すと表街道から排斥される情勢です。やがて「非国民」というレッテルが張られる時代も復活するのでしょうね・・・そんな時代になるまで生きもうけを楽しんでいることもないのでしょうけれど。
 すでにもうそんな時代に入っているよ、という声もずいぶん聞いてきました。総理が自ら原発を輸出する国だし、労働者を自由に解雇できる特区を作ろうというのですから。


 > 鰯雲人に 告ぐべきことならず    加藤楸邨
 > 蟇誰かものいへ声限り   加藤楸邨


 鄙隠りの凡愚老仁がぼそぼそ呟いてもまだ「非国民」のレッテルを貼られることもないでしょうね。まだ寛容な人々に包まれて居れることがHappyなことなんです。



 鰯雲平穏好日鄙隠り   仁


 人の呟き耳を傾く



 欲も打算もない確かな愛に巡り会えることがあればHappyでしょうね・・・
 鄙の凡愚老仁はせめて鄙の路傍の花を無心に愛でたいと念じています。



 もう虫も鳴かずなりけりわれはまだ   仁


 泣いて笑って生きもうけせん







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 優游575交心vp0802『 草の花秘かに待つや蝶の舞い 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ TAO交心vp0601『 余生にも遊びをせんとや鰯雲 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 都都逸で交心vq2907『 壺を見たなら古巣と憩い 邯鄲の夢壺の中 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



  


Posted by 青柳仁 at 22:23Comments(0)写真俳句

2013年10月08日

『 闇世にもひそかに偲ぶわれも香 』妄恋575交心




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 都都逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★












★ 都都逸で交心vp0703

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

月の雫のそのひと雫

呑みほさせんか吾亦紅


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






☆☆☆ 唯呼さんの『 吾亦紅哀し・・ 』 への交心です。 ★★★
 





 > ♪ 月雫 華ならんとて蔭如く
             秋世に揺れし吾亦紅   唯呼


             秋世に揺れし蒼ざめ情け
     朱く染めてよ吾亦紅   仁


     蔭の如くに添わせておくれ
             秘か心の吾亦紅   仁


             月の雫のそのひと雫
     呑みほさせんか吾亦紅   仁



 闇世にもひそかに偲ぶわれも香   仁


 一夜かぎりの香にありしか



 吾亦紅、いい夢見させてもらいます。
 ありがとうございます。














★ 妄恋575交心vp0704

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

闇世にもひそかに偲ぶわれも香

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 優游575交心vp0201『 石庭や天使の足跡月の影 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 都都逸で交心vq2404『 一目惚れして身ぐるみ脱いで 裏も隠さぬ真正直 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 19:57Comments(0)スローライフ

2013年10月06日

『 余生にも遊びをせんとや鰯雲 』TAO交心vp0601


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ TAO交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★











★ TAO交心vp0601

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

余生にも遊びをせんとや鰯雲

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★★★ つけ句あそび575交心vp0402『 蟷螂の斧のごときか悩ましき 』 への交心です。 ★★★
 





 雲は天才さん、いつも交心と、ヒント、サポートありがとうございます。

 昨日は高校の同窓会で二日市に一泊してきました。お返し交心が遅れたことご寛容ください。


 > 火宅無常の世界は、よろずのこと、みなもって、そらごとたわごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします   親鸞


 親鸞さんの<まこと>を教えていただき感謝します。
 雲天さんもまこととともに在るのでしょうね。まことと共に在りたいと念じながら未だ<まこと>に巡り逢うこともなく古稀も迎えてしまいました。凡愚老仁は言葉遊びに明け暮れて<まこと>のことなど忘れて迷いのままに消えていくのでしょうね・・・



 余生にも遊びをせんとや鰯雲   仁


 所詮愚仁は愚仁のままよ



 高校の同窓会に参加するようになった凡愚老仁ははじめて世間のお仲間入り入門できそうになったはじまりでした。
 06年に仕事をリタイアして最初の異変が同窓会参加で、高校の時の友だちから初めての電話をもらって、何故かその流れに乗ってしまったのでした。
 同期生の古人さんが同窓会の会長になるのだから参加してくれというのです。まるで関心は向いていなかったのですが稲人さんの熱意みたいなものに情が傾いて参加することになってしまったのでした。
 同窓会の帰りに愚仁は車で行っていましたのでたまたま古人さんを乗せて帰ることになって、愚仁にLUKKYが舞い込んでくることになったのでした。今まで病院嫌いでいつもぎりぎりまで病院には行かないことが多かったのですが古人さんに検診してもらうことになったんです。そして病気を前立腺と血栓を発見してもらいました。早めの治療で小康状態を維持することができています。心臓の血栓はまだ大丈夫になっていて安心していたのですが、今年の三月には脳に血栓が飛んで、危ういことでした。これもLUKKYで何とか日常をこなしています。
 同窓会参加の余得だったのでしょうね。
 この時の同窓会が契機ではじまった10期生の同窓会も今年で最後になるということです。愚仁のLUKKYまで失われないように念じたいと思っています。



 来るときは来ると秋風天任真   仁


 恋せよ余命天の真に



 凡愚老仁には念仏というまことがありませんけれど、言葉遊びに過ぎませんが、天の真さんに恋い焦がれつつ草場の露と消えゆければいいなぁと念じています・・・








★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 優游575交心vp0201『 石庭や天使の足跡月の影 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 都都逸で交心vq2907『 壺を見たなら古巣と憩い 邯鄲の夢壺の中 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



  


Posted by 青柳仁 at 22:35Comments(0)写真俳句

2013年09月10日

フォト575『 ひとときを解き放たれよ虫の声 』


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 妄句575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★














★ 妄恋575交心vq0705

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

ひとときを解き放たれよ虫の声

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★★★ 妄恋575交心vq0803『 方寸のわが魂照らせ窓の月 』 へどうぞ!!! ★★★







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。








★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 妄恋575交心vr2509『 観自在彼岸往来酔芙蓉 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 都都逸で交心vq0503『 悔しゅてならぬまだ感じぬか 時を超えてよ観えるまで 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 09:11Comments(0)写真俳句

2013年08月27日

フォト575『 空蝉となりてなお鳴きつづけをる 』

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 妄恋575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★














★ 妄恋575交心v13r080102

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

空蝉となりてなお鳴きつづけをる

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――







★★★ 妄恋575交心v13r080102『 空蝉となりてなお鳴きつづけをる 』 へどうぞ!!! ★★★










★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。


 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 『 秋の蝶空即是色の心かな 』コミュ良寛相聞歌 0101z02 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 妄恋575交心v13s071404『 閻魔超え無漏路の花と遊ばんか 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 都都逸で交心v13r080503『 この胸裂いてこの面目を 盗む奴には雷落とす 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


Posted by 青柳仁 at 20:03Comments(0)写真俳句

2013年08月04日

優游575交心『 一難のあとの花火のひと和み 』


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 優游575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







★ 優游575交心v13r080402

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

一難のあとの花火のひと和み

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






☆☆☆ 雪呼さんの『 長岡まつり大花火大会 』 への交心です。 ☆☆☆
 





 ほんとうに圧巻の花火ですね。
 ひとときの和みが英気になって、ふたたびの日常を凌げますように。


 一難のあとの花火のひと和み   仁


 心に糧を好きことのあれ





写真「長岡まつり大花火大会」は、雪呼さんよりお借りしています。






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ つけ句あそび575交心v13r080304『 油照り日本を基地とオスプレイ 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 都都逸で交心v13s073108『 なまじ優し気見せるじゃないよ わたしゃ本気の恋魔女さ 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2013年07月29日

フォト都都逸『 焦がれ死ぬ身が夜叉にもなれず 愚魔女 』

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 都都逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★












★ 都都逸で交心v13s072803

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

焦がれ死ぬ身が夜叉にもなれず

愚魔女のままで泣き明かす


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★★★ 都都逸で交心v13s072803『 焦がれ死ぬ身が夜叉にもなれず 愚魔女のままで泣き明かす 』 へどうぞ!!! ★★★








★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。




 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 都都逸で交心v13s072703『 嬉し恥ずかし都都逸唱や そこなあんたも恋弥勒 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 瘋癲老仁妄句v13t060409『 七変化拘り超えて恋遊戯 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







  


Posted by 青柳仁 at 00:37Comments(0)都都逸で交心

2013年07月07日

TAO交心『 緑陰をなんとはなしに歩きおる 』

 

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ TAO交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



 





 

 

★ TAO交心v13s070606

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

緑陰をなんとはなしに歩きおる

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

 

 

 > 野ざらしを心に風のしむ身かな   芭蕉


 芭蕉さんの悲壮なスタンスが若い頃切実な憧憬として、遙かの彼方にではありましたが、鈍色に耀いていました。ランボーに絶句したと同じくらいの、文芸の道絶望の体験でした。
 以来鬱への逃亡虚構を隠れ往生籠もりとして、日常を小さく小さく生きて、日常に埋没する暮らしを何とか凌いできたそんな半生でした。
 一時迷って、パリは燃えているかに順応して野垂れ死に志向にも嵌りましたけれど、日常埋没の小さな暮らしにより、それなりに生きのびさせてもらい、今じゃぁ古稀を迎える年金暮らしの鄙の平穏無事を、楽しませてもらっています。
 ただ存命を喜んでいるだけの余計者人生に終始していますけれど、人の迷惑にならない範囲で、わがまま言葉あそびを楽しませてもらえて、もうこの上のHappyを求めることもありません。

 蛞蝓のような痕跡も残さないのが無一物遊びの本来の姿でしょうけれど、鄙の凡愚老仁にはもう本来の姿も虚仮の姿も、言葉あそびの上での楽しみとして、愛おしくなるような言葉たちです。
 言葉あそびに燃焼できる今ここのこの言葉たちが凡愚老仁のリアルな友だちで、路傍の草の花と同じように、凡愚老仁の呼吸した言葉の花なんでしょう。
 人には蛞蝓の痕跡ほどにも目には残らないのでしょうけれど・・・


 すずしさを心に遊べ臥遊人   仁


 雨ごもりにも鄙ごもりにも


 > 等閑に香をたく春の夕哉   蕪村


 今日蕪村さんを拾い読みしていたら、優雅にも香を焚く平安王朝の春の夕べの一コマを想像して遊ぶ蕪村さんに巡り遇いました。しかしその女官たちの仕草はなんとも懶い感じですね。恋を待つ女たちのアンニュイを描いて蕪村さんはやはり自分もなんとなく隠遁暮らしのアンニュイを楽しんでいるのでしょうか・・・春の花の華やぎも老ながらもそぞろ神に駆り立てられるようないのちの躍動もありません。
 <いざ行かん雪見にころぶ所まで>と雪を見るにしても切実な主体を詠いあげる芭蕉さんと違って、ぼんやりと眺める人なんでしょうね。

 逃避で世間を眺めて生きてきた凡愚老仁の鄙ごもりでしたが、言葉遊びに耽る楽しみを覚えて、妄想さえもぼんやりと眺めて生きる面白さもあることを蕪村さんに教えてもらったようです。しばらく真似蕪村さんを遊んで、ぼんやりアンニュイ郷愁を楽しんでみようかと思います。


 緑陰をなんとはなしに歩きおる   仁


 なんとはなしに昔おもいつ


 さびしさに迷いきたるかなめくじり   仁


 塩をまかれて消えゆくならい

 

 

★ TAO交心v13t060904

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

来る夏を交心の人とあそびけり

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

 


 雲人さん、いつも交心とサポートありがとうございます。
 忙中閑あれ。多忙真っ直中の雲人さんに声を掛けてもらうとパワーがいっぱいもらえてHappy、Happyです。奥琵琶湖から西近江路の旅を真似体験できるんですよ。追っかけのようにネットサーフィンしてバーチャル旅人遊ぶんです。
 一休さんの旅をした時、レインボーロードを渡って南の方を予行のつもりで一周ドライブしましたけれど、奥琵琶湖一周の旅したかったんです。病で、その夢も潰えてしまいました。残るは居ながらネットのバーチャル旅遊びしかありません。
 けれどけっこう楽しいんですよ。リアルな体験旅行と違って、知る楽しみが付加されますので、無知仁には時間も忘れてしまうほどです。


 > 行く春を近江の人と惜しみけり   ばせを


 今ここの、この風光の中でしかこの句はできぬものなんだと、芭蕉さんはいったそうです。自然法爾と同じで、命のシンクロなのでしょうけれど、バーチャルでしか生きられない人間にとっては、言葉あそびでも十分体感できるものなんですけれどね・・・


 バーチャルの体感575春の湖   仁


 近江の人の宝の便り


 恋遊戯に、唐突にワープするような自在さは、凡愚老仁にはないんですよ。
 交心のおかげの、交心にもらう、言葉あそび時空の変わり身で、居成りの凡愚老仁にとっては、交心が芭蕉さんのいう「今ここ風光」になるんです。


 来る夏を交心の人とあそびけり   仁


 交心あれば季トキ節の情湧く


 雲人さん、居ながらの鄙籠もり老仁にいっぱいの風光の便りありがとうございます。
 雲人さんの忙中閑の中の旅が自然法爾の命のシンクロでリフレッシュされて、更に豊かな慈愛に満ちたお仕事となって七変化しますように念じます。

 有漏路言葉あそび慰戯どっぷり浸かりの凡愚老仁でした。

 

 

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 

★★★  万葉集を遊ぶ交心v13s070413『 露草や自遊な恋は移ろわず 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★  優游575交心v13v053007『 紫草やなりきり巫女の詩詠まん 』 へどうぞ!!! ★★★

 

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 


 

  


Posted by 青柳仁 at 13:44Comments(0)写真俳句

2013年07月06日

徒然575交心『 長雨の水面の水輪夢映す 』



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 徒然575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★









★ 徒然575交心v13s070602

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

長雨の水面の水輪夢映す

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





 > 万葉集 01ー0051 采女の 袖吹きかへす 明日香風 都を遠み いたずらに吹く  志貴皇子

                       

 長雨や古人と遊ぶばんか   仁


 時を越えれば雨の楽しや


 まだ長雨がつづいています。
 それに風が強い。雨に逆らって燕が水田の上を飛びます。窓の外をぼんやりと眺めて恍惚に耽るひとときも楽しいものだと感じるようになれました。
 老いには老いの楽しみがあるものなんですね・・・


 長雨の水面の水輪夢映す   仁


 丘に采女の袖振るを幻る



 > さしぬきを足でぬぐ夜や朧月   無村


 壺中の老のひそとはなやぐ   仁


 今日も雨ごもりです。
 今日は徒然時空遊泳、真似蕪村を遊んでみました。壷中望郷の世界も広がっていますけれど、雨は詩の三友のひとつ、古の閨情を楽しみました。
 優游林住期礼賛になればいいのですけれど・・・


 艶の夜をつれづれあそぶ梅雨ごもり   仁


 真似てあそべばやがて秋くる


 > 罪もうれし二人にかかる朧月   漱石


 拾い読み遊んでいたら、壷中閨情遊泳を楽しんでいる漱石さんにも巡り遇いました。
 林住期礼賛のはなやぎ言葉あそびを楽しんでいるのでしょうね・・・





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 優游575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 優游575交心v13t060502

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

潮騒に憂き世忘るる夏の月

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 遊呼さん、交心ありがとうございます。
 万葉集も色々の読み方がありますけれど、凡愚老仁は、わがまま好奇心の赴くままに読み込んで遊ぶ悪癖を振りまいていますので、笑止の沙汰なんでしょうけれど、謎解き遊びに熱中していますので、ご寛容くださいね。

 > 万葉集15ー0967 潮みてば入りぬる磯の草なれや見らく少なく恋ふらくの多き   坂上郎女


 恋うる夜の多くなりゆく老いらくの無漏路の恋の海の棲み家よ   仁


 潮騒に憂き世忘るる夏の月   仁


 虚仮の身なれど罪は悔いけり





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 万葉集を遊ぶ交心v13s070413『 露草や自遊な恋は移ろわず 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 都々逸で交心v13t060301『 嬉し恥ずかしあんたの嘘に あたしゃ心もまる裸 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



  


Posted by 青柳仁 at 19:16Comments(0)写真俳句

2013年01月15日

『 笑うごと花咲くごとく散りたかり 』

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 言葉あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







★ 言葉あそび575交心v13z011403

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

笑うごと花咲くごとく散りたかり

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 「咲い」を「わらい」と読み、「笑い」のことです。
 国語では、花が開く意味で「さく」と読むけれど、古くは、花は開くといい、また花披ヒラくといっていたのだそうですけれど、「咲」を花「さく」の意味に使うようになったのは、花の開く様子を人の口元のほころびる様子にたとえたのだろうと、と白川静さんは『字解』で、読み解いています。

 <「咲」 形声文字。元の字は「○(口と八とその下に天)」に作り、音符は「△(八とその下に天)しょう」。「△しょう」は人が両手をあげている形で、笑い興ずる姿である。咲くは古い用例はなく、元の字は笑で、「わらう」の意味であった。笑は巫女が両手をあげ、身をくねらせて舞いおどる形で、象形の字。「若」が両手をあげて舞い。神がかりの状態にある巫女の形であるのとにている。神意をやわらげるために、神を楽しませる動作を笑という。>   。。。『字解』p336


 天照大神さんは怒って天の岩戸に隠れますが、神々が唄い踊って楽しそうに笑っている声を聞き、何事が起きているのか知りたくなって岩戸を少し開けて覗き見をしました。笑いは天照さんの怒りをも和らげたんですね。
 人間に笑いがあることは和の心があることで、笑いは人間の根源的な徳性であり、命の根源的な開花なのでしょうね・・・


 笑うごと花咲くごとく散りたかり   仁


 咲いの菩薩寄り添わんかな


 命に帰れば、自ずから笑って生きることができる。
 禅で悟ったら、呵々大笑できるんです。
 拈華微笑。微笑んで共振した迦葉さんに、お釈迦さんは自分が知り得た知恵の継承を認めました。
 一休さんは寄り添った森女さんの膝で微笑んで坐死できたのでしょうね。良寛さんも貞心尼さんに抱かれて坐死できたようです。お釈迦さんは動物たちにまで囲まれて涅槃に入りました。実際は下痢の苦痛の中で死んでいったのでしょうけれど、内観時空では微笑み愛ながら死んでいけるのでしょうね・・・






☆☆☆ 葉呼さんの『 人間ってなんだろう??? 』 への交心です。 ☆☆☆
 







★ 徒然575交心v13z011402

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

花もまた苦もまた生と受用せん

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 葉呼さん、真摯な交心ありがとうございます。
 葉呼さんの真摯なお心に対峙できる真摯なスタンスも知識も持ち合わせておりませんけれど、交心をもらえてHappyです。
 凡愚老仁風には、長い間の習性で、言葉あそびの時空での交心しかできませんけれど、交心をご寛容いただけると、もっとHappyに交心時空を楽しませてもらえますけれど・・・


 > “ああ・・。人間ってこんな生き物なんだぁ~”
 それから肩こりが軽くなってきたのでした・・   葉呼


 花さまざま人もさまざま薄氷   仁


 覚悟する死は覚悟する生


 
 虚弱児童だった凡愚老仁は子ども心に20才まで生きていけないだろうと思っていましたし、生き延びた青年時代は、人切り伊蔵のように時代の激流に踏みつぶされて死んでいくだろうと思ってきましたし、37才を越えてまだ生き残って、青年達の今ここと向き合って一緒に生きていく内に、還暦を過ぎてしまって、良寛さんに出遭い、真似良寛さんを遊び、一休さんに出会い、真似一休さんを遊び、その間に、子規さんの『病床日記』を知り、兼好さんの「存命の喜び」を知り、今、好奇心全開で、知る楽しみ、学ぶ喜びに耽っている遅まき未成熟老仁です。
 ・・・と巡り合い、・・・を知り、といっても深い理解があるわけではなく、ちっごという鄙の小さな世界しか生きたことのない凡愚老仁の独り善がりの言葉あそびです。良寛さんも一休さんもまだ読了もしていない有り様です。拾い読みの、未消化な言葉の羅列遊びを楽しませてもらっています。


 “ああ・・。人間ってこんな風に生きていてもいい生き物なんだぁ~”
 そう思えるようになって、軽く、軽く、生きていく楽しみを覚えました。
 ひょっとすれば、軽く、軽く、死んでいけるのかもしれません。


 > 糸瓜咲て痰のつまりし佛かな   子規


 できれば、死の間際に、子規さんのようにでなくてもいいですから、凡愚老仁風にそのまんま575で交心であそんできたそのまんま575を詠んで死んでいけるようになりたいと願望しています。
 実際は、痛いよ、痛いよ、殺してくれと絶叫しているかもしれませんし、まだ死にたくないよと泣きついているのかもしれませんし、アルツハイマーで何も分からないまま死んでいくのかもしれませんし、・・・現実にはどんな現実になろうとも、せめて心の一部には、明晰な意識を保持していて、その心がそのまんま575で交心あそびを遊んでくれていることを念じています。
 都々逸サロンで巡り遇った都々逸の乃舞師匠が、実際に、死の間際まで都々逸を詠んで、サロンにそれを発信しつづけて、往かれました。もうお復りにはなりませんが、乃舞師匠の心の中では都々逸サロンが浄土だったのだろうと念っています。
 そう念って、凡愚老仁も、そのまんま575で交心の言葉あそびの世界が凡愚老仁の今ここ浄土だと念っているんです。
 今ここが浄土だから、死後の世界はないんです。今ここが永遠です。


 花もまた苦もまた生と受用せん   仁


 咲ワラいたけれど笑えぬ仏



 凡愚老仁の独り言呟きとご笑殺ください。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 言葉あそび575交心v13z010802『 甦る時を遊ばん初景色 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 徒然575交心v13z010402『 霜の草踏めば苦さの在りし日々 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 06:31Comments(0)漢字

2011年02月16日

煩悩も小欲自足花薺



★。・。・゜♪゜・。・。★ TAO交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★






★★★ 『 寛ぎの中にも愛語芽生けり 』 ★ 交心俳句11y021201 への【 交心 】です。 ★★★








★ TAO交心x11y021503

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

煩悩も小欲自足花薺

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 おはようございます、雲人さん。
 いつも交心とサポートありがとうございます。
 良寛さんの歌は素直に心を映して読むことができるからいいですね。百人の人が読めば百人の人の心が映るのでしょう。それだけ普通にあるがまんまを詠んでくれているし、あるがまんまだからどこまでも深いのでしょうね。自分の位相に合った相で良寛さんに出会えるから、誰にでも親しみやすいのでしょう。
 凡愚仁には凡愚仁の真似できる良寛さんがちゃんといてくれるからHappyです。


 
良寛を吾に呼び寄せ春野行く   仁


 煩悩の権化も遊べ三味線草   仁



 老仁も煩悩の権化ですから、権化であることを楽しみたいと思っています。悟るよりも煩悩権化の方が楽しいんです。それでも煩悩が大きくなると際限もなく、悩みも苦しみも伴いはじめるでしょうから、凡愚仁に合った小さな煩悩で楽しむことにしているんです。


 
煩悩も小欲自足花薺   仁



 
> 色ふかき言の葉に会う猫柳   仁



 遊行時空での巡り愛の歓喜ですから、観自在ですよ。
 何でも在りです。
 猫柳の春の花芽が悩ましくなる小さな煩悩から、観自在、玄牝の門にも入れますから、空即是色の愛楽土です。自然は歓喜の宝庫ですからね・・・


 > 猫柳女の一生火のごとし   三橋鷹女





★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 今日のそのまんま575で交心11年02月16日『 煩悩も小欲自足花薺 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 『 今日の出来事、雑談、交流広場 11年02月16日 』   ☆☆☆   せんとくん根強い人気 全国から誕生日プレゼント へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 良寛の歌0958『 世の中になにが苦しと人問はばみ法を知らぬ人と答へよ 』y10p1018 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 『 愛不仁愛は身ぐるみ剥がすものそれでも残る愛は揺るがず 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 135z04z08z0119 へどうぞ!!! ★★★
 



★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★




  


Posted by 青柳仁 at 12:27Comments(0)TAO交心俳句