2009年08月16日

そのまんま心をもらうさくらんぼ








★ ぜろから交心09t062601

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

そのまんま心をもらうさくらんぼ

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――




 零呼さん、今日も交心、ありがとうございます。

 今日は叔母の35日の法事でした。
 上の叔母が、自分より早く逝ってと、泣くんです。自分が先に逝くんだったと。
 その叔母が、美味しい美味しいと何でも食べるんです。
 「息ひきとるまで食べるよ」というんです。
 「いいね、いいね、叔母さん、その心、仁も、もらったよ」と褒めてきました。
 うちの母よりもう十年長生きしてくれています。もう十年長生きしてほしいと願います。
 まだ好奇心も楽しみも失っていない叔母です。
 いい道標です。

 仁も、好奇心も楽しみも失わず、遊行のひとり遊びを遊んでいますけれど、
 もう、いつ逝ってもおかしくないのでしょうね。
 いつ逝ってもいいから、だんだん愚直になっていくようです。あるがまんまを楽しみたいと願います。愚図で、不細工で、不器用。無能無才。それでも空気が美味しい。あぜ道の花が愛おしい。胡瓜をちぎるのがうれしい。そんな今日一日がHappyなんです。
 そんな今日のあるがまんまを、そのまんま575で交心しましょう。
 誰も、すぐに、飽いてしまうんですよ。

 だから、一回切りの交心が、とても嬉しいんです。
 一回切りでも、とてもHappyです。
 交心くださって、ありがとうございます。こころから、そう思います。

 零呼さん、ごめんなさいね。
 楽しませることができなくて。

 良寛さんの真似を楽しんでいるのに、
 やっぱり、良寛さんのように無心に、子どものように、無邪気に、なれませんね。
 語らなくてもいい地を、勝手にしゃべってしまうんです。今も、又、そうしていますけれど。


 。。。 ≪ お互いの命が果てるときまで続きますように!! ≫ 。。。


 すごい心ですね。
 こんな心もらえるなんて、最高です。
 こういえる零呼さんの心の大きさと深さに感動します。そして感謝します。
 ありがとう。

 一日一生と思って生きています。
 明日はないけれど、今日が楽しい。
 今日は、零呼さんの心もらえて、最高にHappyです。


 そのまんま心をもらうさくらんぼ   仁


> 思い出は半世紀前さくらんぼ   零呼


 物語がいっぱいつまっていますね。
 さくらんぼをつまめば、半世紀前に戻るんです。そこからがはじまりですね。
 もういちど、そこへ戻り、はじまり直せるといいですね。
 今日、良寛さんの如意宝珠の歌を日記に書きましたけれど、心の世界では、少女時代を生き直すことができるんですね。そのはじまりの少女で、今を生きることもできるんですね。
 実は、そんな交心ができればいいなぁと願っているのでした。
 少女のように夢を見て、そのまんま575で交心しませんか。
 少年のように遊んで、そのまんま575で交心しませんか。
 そんな夢や、そんな遊びが、いっぱい溢れるような高齢者の交心広場が創りだしていきたいと念じているんです。

 いっぱいいっぱい辛惨を舐め尽くしてきた大人たちが、酸いも甘いも弁えて、なおかつ子どもになって、今を生きることができたら、どんなにすばらしいでしょうね。
 みんなが良寛さんのようになってしまうかしら・・・
 もっとたくさんの新しい良寛さんが湧出するでしょうね・・・


 さくらんぼ男も心に子を産みぬ   仁


 > いのちつぐ山椒の上の揚羽蝶   零呼


 アゲハチョウがいっぱい山椒に青虫を産み落としました。
 パセリにはキアゲハの幼虫が成長していきます。
 けれど、幼虫さんたち、ごめんなさい。生まれ落ちた所がわるかったね。ここではあなたたちを育てることはできないのだよ。
 ごめんよ、ごめんよ。
 良寛さんは、蚊も殺せないのですけれど・・・


 夏の夜やよだかの星のかなしさよ   仁


 又の交心がありますように。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★










同じカテゴリー(そのまんま575で交心)の記事画像
優游575交心『 一難のあとの花火のひと和み 』
蝉安堵無断で大地掘る勿れ
トマトもぐ蜘蛛さんに汁わけてやる
同じカテゴリー(そのまんま575で交心)の記事
 『 願わくば非戦を共に春待たん 』優游575交心sk1101 (2015-12-11 12:53)
 優游575交心『 一難のあとの花火のひと和み 』 (2013-08-04 11:52)
 蝉安堵無断で大地掘る勿れ (2009-08-13 21:54)
 トマトもぐ蜘蛛さんに汁わけてやる (2009-08-13 20:13)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。