2009年08月13日

蝉安堵無断で大地掘る勿れ


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ ぜろから交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






☆ ぜろから交心09t062604

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

蝉安堵無断で大地掘る勿れ

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――




 零呼さん、おはようございます。
(いつでもおはようが口癖です。ごめんなさいね。)

 交心ありがとうございます。
 もう、呆れられて、飽きられて、交心してもらえないのかと思っていました。いつもそうなんですよ。はじめちょっとおもしろがられますけれど、同じことの繰り返しで、成長も、精進もありませんし、語ることは四畳半畑のことと、良寛さんのことと、瘋癲老仁妄詩のことしかありませんしね。すぐ、飽きられてしまいます。

 素直が取り柄の、そのまんま575は、そのまんまだから、ほとんどただごとなんですよね。ただごとだから、あふれ出るのはあたりまえ。心はいつだって動いていますものね。
 そんなこととりたてて575でいうほどのことではないでしょ!
 一笑にふされて、はい、さようなら。

 零呼さん、今日までおつき合いくださってありがとうございます。
 有頂天の昇天。
 喜んだまま昇天すると、あの世は喜びに満ちているそうな。
 ありがとうございます。


 > 梅雨晴れに俳句ごときが店並べ   零呼


 つゆばれの空のあい風ふいてこい   仁


 老仁は、農地を持たない百姓なんですよ。観念の百姓です。
 農地持たないから体動きません。PC症候群だと足も萎えてしまいます。だから、健康作りに、前耕後読はじめました。午前中畑仕事。午後PC。
 ごめんなさいね、「ごてづくり」はちっごべん(筑後弁)です。
 四畳半畑やっていますと、近所の人が外の遊歩道を散策しながら声かけてくれます。
 「そげんがまだしょっとごてねどかしてしまうばん。てーげしとかんの」
 そんなに頑張って仕事ばっかりしていると、体壊してしまいますよ。大概にして病気しないようにしてくださいよ」という意味です。
 「ごてづくり」は「五体作り」の意味です。柳川では、農協が「ごてづくり農園」を貸し出しているんですよ。農家を辞める人たちが殖えてきたのでしょうね。国の本は農なのに、農業まで工業化されていくのでしょうか・・・

 「大治米」は有機農法で若い友人の大治さんが作っている米です。
 肥料も大量に使わないから、小粒で、美味しいんですよ。


 濃茶の話ですけれど、
 良寛さんは、まだ、退屈して、待っている間、鼻糞をほじくっていたそうです。それを丸めて、右側の畳の上に置こうとしました。右側の人が良寛さんの袖を引いて止めさせました。それで良寛さんは、左側に置こうとしました。左側の人も良寛さんの袖を引いて、止めさせました。置く所がなくなった良寛さんは、鼻糞を、また、鼻に戻したそうです。


 茶の席でこんなひょうきんなことをする良寛さんはやっぱり風狂です。
 風狂というのは常識の風を狂わせることですから、きっと、形式化した茶道の人たちに、茶の道は形じゃないんだよ。心だよ。そう叫んでいたのでしょうね。

 良寛さんの有名な「三嫌」は、
 「書家の書」「歌詠みの歌」「膳夫の膳」です。

 凡仁は、はじめっから、そんな正統のらち外にいますので、そこはただただ敷居が高すぎる所で、近寄ることさえできません。
 畑で泥まみれになっていた方が気が楽ですし、心も耕せるような気もします。
 今朝は、畑を掘っていて、また、蝉の幼虫を一匹殺めてしまいました。ごめんなさい、幼虫さん。


 蝉安堵無断で大地掘る勿れ   仁


又の交心あればHappyです。





★★★ 『 蓮の花われも笑みつゝ逝きたかり 』 ★ 交心俳句47601 へどうぞ!!! ★★★






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







同じカテゴリー(そのまんま575で交心)の記事画像
優游575交心『 一難のあとの花火のひと和み 』
そのまんま心をもらうさくらんぼ
トマトもぐ蜘蛛さんに汁わけてやる
同じカテゴリー(そのまんま575で交心)の記事
 『 願わくば非戦を共に春待たん 』優游575交心sk1101 (2015-12-11 12:53)
 優游575交心『 一難のあとの花火のひと和み 』 (2013-08-04 11:52)
 そのまんま心をもらうさくらんぼ (2009-08-16 22:41)
 トマトもぐ蜘蛛さんに汁わけてやる (2009-08-13 20:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。