Posted by at

2014年04月26日

『 凡愚にも言葉が友よ春の風 』TAO交心



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ TAO交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★








フォト575『 凡愚にも言葉が友よ春の風 』wy2001






★ TAO交心wy2001

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

凡愚にも言葉が友よ春の風

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――




 > ・・・ひとにあきらかに申すべき身にもあらず候ふ。   親鸞


 雲人さん、いつも交心とサポートありがとうございます。
 知る楽しみと言葉遊びの喜びを余生の慰戯と遊泳していることの無恥ぶりを親鸞さんにたしなめられているような気がしますけれど、無恥厚顔鈍重凡愚老仁ですから、蛙の面で、遊びつづけさせてもらいます。貧しき凡愚の身で手に入るものは言葉くらいのものです。今の世はありがたいもので、凡愚老仁でも簡単に言葉を手に入れることができます。親鸞さんの「ご消息」というのも検索すればすぐ手に入るのですね・・・
 言葉を手に入れても覚える片一方からつぎつぎ忘れていく老いぼれの域にのめりこんでしまっていますけれど、覚えてすぐに使える言葉遊びを楽しませてもらえれば十分にHappyなので、明日はもう忘れてもいいんです。今日の言葉の使い方が間違っていてもいいんです、今日の遊びですから。


 けれど、独り遊びなら、「ひとにあきらかに申すべき身」ではないでしょう、と親鸞さんに怒られているのでしょうね・・・
 それでも、怒られてもいい、それが凡愚老仁のあるがまんまの今の身だから、開き直って、遊びつづける我が儘無知を遊ばせてもらいます。


 あんたの言葉遊びなんぞは子どものままごと遊びと同じで、たわいもないことだから、誰も文句はいいませんよ、気がつきもしないで人は通り過ぎていくのだから、好きなように言葉遊びしなさい、と遊行菩薩さんが微笑んでくれました。
 遊行菩薩さんありがとうございます。



 凡愚にも言葉が友よ春の風    仁


 老いればなおに言葉は灯し



 なにごとも忘れゆくばかりで、ついには自分のことも忘れてしまう惚けを待つ身なれば、親鸞さんも、ようそこまで生きてこられたものですね、と惚けを微笑んで迎えてくれるかもしれません。迎えられなくても、一定地獄も棲み家ですから、自らに微笑んで死んでいけるように、最後まで言葉遊びを楽しみましょう。


 もう目もずいぶん悪くなりました。
 歯はなくなりましたし、腰は伸びませんし、足は引きつってしまいます。親鸞さんはまだ85歳になってもご消息書かれていますから、鍛えられた体と精神力に驚きます。
 凡愚老仁は体も心も鍛えていませんので、あんまり遊びすぎて、案外、ピンピンの内に、心筋梗塞でコロリと逝ってしまうのかもしれませんけれど・・・



 法然さんは「浄土宗の人は愚者になりて往生す」とおっしゃったのですか。ならば、浄土宗の人でなくても、ただの愚者でも、「必定往生すべし」なのですよね。猿さんも犬さんも、蛙さんも蛇さんも、菫さんも薔薇さんも、みんなみんな命は往生するんでしょうね。
 死は元素に戻ることなのでしょうから。


 猿さんも蛇さんも薔薇さんもそして人も大地に戻って、元素に戻って、また巡り巡っていろいろのものに生まれ変わっていくのでしょうね・・・


 往生するというのは、きっと、新しい生へ往くことなのでしょう。
 凡愚老仁は無知無恥で幼稚なので、シンプルに死んだら何か新しい命に生まれ変われるんだと信じるとそれだけでもHappyになれるんですよ。そう考えられる今がHappyなんでしょうけれど、死ぬ間際までそう考えて言葉遊び楽しんでいきたいと念じています。


 だから、そのまんま575交心遊びで、猿さんにも犬さんにも、蛙さんにも蛇さんにも、菫さんにも薔薇さんにもなって、西行さんにも芭蕉さんにも、一休さんにも良寛さんにもなって、雪女郎さんにもあなたにもなって、言葉遊びを楽しんでいこうと念っています。惚けて色々のものになれることはある意味自然法爾に近くなるのかもしれません・・・



 春よ来い花の君には蝶の吾   仁


 夢閨さんには森女さん添う







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 青のくさみ「森女」遊泳0901『 無垢は無垢突き抜けて燃ゆ曼珠沙華 』wq27 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ TAO交心w12y021602『 春の野辺弥勒とままごと遊ばんか 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 『 観音に抱かれ眠りし春の宵 』★瘋癲老仁妄詩142z10z08y0209 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 19:56Comments(0)

2014年04月05日

『 桜咲いたら命に帰り 燃え尽きたしや空の花 』

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 都々逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★












★ 都々逸で交心tx2004

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

桜咲いたら命に帰り

燃え尽きたしや空の花


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――





 > 桜咲いたら頬紅さして

        狂い夜桜 下で待つ~~   愛呼



        狂い夜桜いつ狂うやら

   狂わぬぬしを待ちぼうけ   旅仁





 あなたが愛した彼はどちらかというと詩人だ。
 それを覚えておきなさい
 詩人と議論する人はいない
 あなたはその詩に耳を傾ける
 その詩を吸収する
 あなたはそれを噛みしめる
 愛することは詩人と向き合うことだ。
 愛はともに詩を詠うことだ。
 それを自分の実存の内側に入り込ませる
 それを自分の血肉にならしめる
 あなたはそれを消化する
 あなたは言葉を忘れる
 あなたはその詩を完全に忘れ去る
 愛はあなたのハーモニーなのだ。
 だが、その香りが
 あなたの一部となる
 あなたはその詩が何をうたっていたかさえ覚えていないかもしれない
 だが、その詩はとどめられている
 その味
 その香り
 その意味があなたにはいり込んでいる
 あなたは愛を懐妊している。   。。。パグワンp153L04の読み替え、読み加え。( 「。」で閉じた句の部分 )



 あなたが愛した彼はどちらかというと詩人だ。
 愛することは詩人と向き合うことだ。
 愛はともに詩を詠うことだ。
 愛はあなたのハーモニーなのだ。

 そのとき、あなたは愛を懐妊している。   五行詩tx2002

※ 「パグワンp153L04」の読み替え、読み加え部分で構成しました。





   頬紅つけて桜に浮かれ

        一夜の恋に散らんかな   旅仁



        桜咲いたら命に帰り

   燃え尽きたしや空の花   旅仁





 言葉に依存したがる恋は 言葉の裏の観えぬ恋   旅仁



 花曇り咲けば散りゆく空の花   旅仁


 空の花故心も狂う



 花見ればなぜとはなしにくるおしや捨てえぬ情のまこと招くか   旅仁



 散るさくら散らぬわが身のうとましや   旅仁


 散れば変化の色に出でるを





★ 妄恋575交心tw0309

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

散るさくら散らぬわが身のうとましや

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――








★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 一行詩交心tx1702『 儚いから日日好日、夢色生きよう! 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 徒然575交心tx3001『 娘の心映し艶めく紫木蓮 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 尻都209-03『 さまざまの事ひとつ一つに ハートの空の交じり合う 』尻取り都々逸言葉遊び交心tx2306 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 19:53Comments(0)都都逸で交心